日々の出来事

■クロアチアの振袖を発表!KIMONOプロジェクト 100カ国完成披露式典■

(2018年5月26日)

2020年に向けて世界196カ国をテーマにした着物と帯を制作・発表するという
「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT(イマジンワンワールド きものプロジェクト)」の企画。

このワクワクする試みに青柳が着物の作り手として参加させて頂く運びとなりましてから、
約1年の月日を重ね、ついに「クロアチア共和国」をテーマにした振袖が完成いたしました。
そしてさる4月29日、久留米市にて開催されました
【KIMONOプロジェクト100ヵ国完成披露式典】に参加してまいりました。

普段の着物の染めにはない色彩や配色に挑戦し、
青柳の受け継ぐ伝統技法のすべてを集結させて創りあげました。
着物から、そのエネルギーを感じて頂けるかと思います。

100カ国の着物が一堂に会した様子は、圧巻の華やかさ。

駐日クロアチア大使であるドラジェン・フラスティッチ閣下も会場でご鑑賞になり、
母国の美しい景観などが染め上げられた着物の出来上がりを大変お喜びくださいました。

また、5月17日には青柳工房にて、この着物の完成発表記者会見が行われました。
きもののまち十日町から初のプロジェクト参加ということで、
各メディアの方々からも注目が集まり、多数掲載して頂きました。

「KIMONOプロジェクト」に、きもののまち十日町の代表として制作をさせて頂きましたことで、
世界に向けて、着物の素晴らしさと十日町産地の素晴らしさを伝える
お手伝いをさせて頂く機会に恵まれましたことに、心より感謝いたしております。

また、このプロジェクトを通して、クロアチアと十日町市、
世界各国と日本とが、より一層良い関係を築けることを願っております。


■『美しいキモノ2018夏号』掲載のお知らせ■

(2018年5月20日)

5月20日に発売されました「美しいキモノ2018夏号」に
当工房の着物・帯が掲載されております。

当工房の新作の夏の装いをご覧頂けます。

目にも涼やかな、工房青柳ならではの夏のコーディネートをご提案させて頂きました。
ぜひご高覧くださいませ。


■~職人探訪~十日町きものGOTTAKU開催■

(2018年5月16日)

【きもの職人の技術を間近で見られる3日間】

ここ十日町市の工房を、5月17日(木)、18日(金)、19日(土)の3日間限定で見学することができるイベント
「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU」。
青柳も、3日間特別に工房を開放して参加いたします。

一人ひとりの職人の情熱と自然の息吹との相乗効果で生まれる、卓越された美しさ。
類まれなる作品の数々は、青柳の伝統と革新によるものです。
「青柳のキモノ」の真髄をご覧ください。

きもの工場を見学できるイベントは、全国でも初めての開催とのこと。
職人の技を間近にご覧頂ける貴重な機会です。

期間中は、青柳工房前の広場にて、飲食ブースの出店もございます。

*一般の方々向けの工場見学イベントですので、同業者の入場はお断りさせていただきます。
*見学予約のお申し込みは終了いたしました。


■きものの街のキルト展 青柳本店にて作品展示■

(2018年5月11日)

【青柳がキルト作品の展示会場になりました】

ここ十日町にて毎年開催されている「きものの街のキルト展」。
毎年全国各地から沢山の方々が、きものの街を飾る多彩なキルトを見に訪れます。
今年から、「十日町きもの月間」として、キルト展は5月の開催となりました。

青柳は展示会場として2度目の参加となり、
「キルトサークル津江子」による『ふるさと佐渡への想い』のキルト作品を、
キルト展期間中、青柳本店にて特別展示いたします。
大胆なモチーフを、繊細な布と糸によって表現された世界を、この機会にぜひご覧くださいませ。
また、青柳の着物や帯も同時展示いたしておりますので、お気軽にご覧頂けます。

 * 会期中は、青柳本店でも絹布・WAPONの絹小物をご用意しております。





   

 ■キルトサークル津江子 「ふるさと佐渡への想い」■
  会期:きものの街のキルト展 期間中 5/12(土)~5/27(日)10:00~17:00
  会場:青柳(本店)新潟県十日町市栄町26-6 Tel:(025)757-2171


■十日町市市勢要覧の最新版に掲載して頂きました■

(2018年4月20日)

十日町市の、平成30年市勢要覧「とおかまちライフ」 に、
当工房の女性デザイナーの仕事ぶりが紹介されました。



着物産地であるここ十日町市。
産地に若い担い手が育ち、活躍していることが垣間見られる記事となっております。

「とおかまちライフ」をぜひ多くの方よりご覧頂き、
十日町の良さをあらゆる方面から知って頂けましたら幸いです。

~とおかまちライフの紹介 十日町市HPより~
この土地で生まれ育った人、この土地に戻ってきた人、この土地に移り住んできた人、
さまざまな背景を持った人たちをこころよく受け入れる懐の深さがこの地域の大きな魅力です。
そんな気質がもたらした多様な環境と里山の大自然が織りなすライフスタイルの中にこそ、
このまちの魅力がいっぱい詰まっています。
なぜこのまちに住む人たちはいつも笑顔と活力に満ち溢れているのか?
なぜこの地域を愛してやまないのか?
そんな十日町市の魅力と元気の秘訣をこちらの本書で紹介します。

*市勢要覧をご購入希望の方は、市役所・各支所に来庁されるか、
 ご連絡にて送付販売も対応されています。
*販売価格:1部500円


■インターン研修の受入をいたしました■

(2018年3月30日)

まだ雪深かった3月初めのこと。
当工房にて、初めてのインターン研修の受入を実施いたしました。

着物の仕事にご興味をお持ちの学生さん4名が、
約1週間にわたり、十日町の着物の企業で体験実習を行いました。


写真では「絞りほぐし」を体験中。
期間中、工房内にて様々な職場体験をして頂き、
着物の仕事をより身近に感じて頂けたのではないかと思います。

着物の一貫生産の現場を、若い方々より学んで頂きましたことは、
弊社に取りましても新たな試みとなりました。

研修最終日、弊社本店にて、たくさんの振袖に目を輝かせていた学生さんたち。
お気に入りに袖を通して頂くなど、着物の楽しさも感じて頂けたように思います。
とても良き機会に恵まれました。


■タイ「travel」雑誌にて青柳の工房をご紹介頂きました■

(2018年3月15日)

少しずつ春の息吹が感じられるようになってきたここ十日町です。

お話は真冬の1月に遡りますが、
はるばるタイ王国からお越しになった「travel」雑誌の女性編集長様が、
日本の伝統の手仕事として、きもののまち十日町の着物をご注目になり、
当工房の着物づくりをご見学頂く機会に恵まれました。

先日その取材記事が雑誌掲載されたとお知らせがあり、
先駆けて雑誌のスナップを「travel」編集長様より頂戴いたしました。


タイにて発刊されているこのようにスタイリッシュな旅行雑誌「travel」。
数ページにわたり、当工房の職人の様子や着物が紹介されております。

どのような記事にてご紹介頂いているのか、大変気になります。
翻訳が課題ですが…雑誌が届きますのを心待ちにしているところです。

様々なご縁がつながって、このように光栄な機会を賜り、
大変有り難く感謝いたしております。


■『美しいキモノ2018春号』掲載のお知らせ■

(2018年2月20日)

2月20日に発売されました「美しいキモノ2018 春号」に
当工房の着物・帯が掲載されております。
今回は訪問着から紬まで幅広い商品をご紹介頂いております。

【大㐂百花】桶絞り染めの訪問着と袋帯で、青柳ならではの格調高い装い。

【赤城紬】素材の風合いを活かした染め紬ならではのお洒落着をご提案。

様々なシーンに映える、青柳のトータルコーディネートを、ぜひご覧くださいませ。


■謹賀新年2018■

(2018年1月5日)

日頃より青柳をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます

本年もひきつづき、きもののまち十日町の工房から
”絹のぬくもり” や ”伝統の手仕事”の魅力をお届けしてまいります
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2018年戌年も、皆様と皆様の周りが
笑顔のたえない実り豊かな1年となりますよう 心よりお祈り申し上げます


■『美しいキモノ2017冬号』掲載のお知らせ■

(2017年11月20日)

11月20日に発売されました「美しいキモノ2017冬号」に
当工房の着物・帯が掲載されております。

晴れの日の主役にふさわしい、青柳の振袖の装いをご紹介しております。

青柳ならではの、あでやかな振袖のトータルコーディネートがご覧頂けます。