「辻ヶ花」は室町時代に生まれ、安土桃山、江戸時代初期に隆盛を極めました。 様々な意匠を絞り染めで表現することにより、縫い〆絞り、帽子絞り、本桶絞り等の手業による高度な染め技法が生まれ、辻ヶ花染めとともに発達したと考えられています。 墨による描絵、摺り箔、刺繍等の高度な加飾をほどこした華やかな小袖等も今日に伝えられております。 私共は、うたかたの様に消え去り「幻の染め」とまで称されるようになった「辻ヶ花」を「きもの意匠美」の起源と考え、その本質を現代の技術を以て磨き上げてまいりました。更に未来へと技術を繋げるため、日々職人の育成にも尽力してまいりました。 今日、「辻ヶ花」の根源的な意匠美を指向し、「本桶絞り染め」(桶詰め桶染め)等の手業を駆使し染め上げた「きもの意匠美」を「本桶 辻ヶ花」と表記いたしております。
本桶辻ヶ花ブランドの商品に添えられているラベルです。