草木染めならではの美しい地色に惹かれて。 

「お茶席やおけいこ着にとても合いそう」と思ったのがきっかけですが、まず地色の違いに目を奪われました。
草木染めと聞いて深く納得。

深みのある色合いと紬の上質な風合いが相まって、思わずうっとり。
仕上がりの素晴らしさに「丁寧な手作業をしている」と感じました。

着るほどに“本物の美”を実感します。TPOの枠にとらわれることなく、幅広いシーンでエレガントに着こなせるのがいいですね。