桶染め

桶づめの人と意気が合ったとき きれいに染まる。

桶詰めされたきものを85~90度の染液の中に、桶ごと約20分浸します。
その間、重さ25kgの桶を上下・左右に動かしながら手早く染めなければいけません。

熱湯なので、ゴム手袋をはめて手袋の中に水を入れ、直接肌が熱湯にさらされないよう注意しています。
水場のため長靴を履いての作業。

美しいきものに不釣り合いの荒々しい作業ですが、この工程があってこそ、青柳のオリジナルが生まれるのです。
桶ごと染まった桶の蓋を開いたとき、中の白の美しさが格別な輝きを放ちます。