配色

商品コンセプトに応じて時代感覚を充分に考慮し、
最終的な意匠としての染上りを想定します。
柄模様に色を決め、地色を決める極めて重要な作業工程。

着装した着姿のバランスはもちろん、
衣桁に掛けた状態での見栄えも考え合わせて色を配置することが大切です。

表現したい模様に合わせて染料を選びます。
染料は種類により個性があり、それらをうまく組合せるのも配色の大事な作業。

使用する色相の強弱や配置により、見た目の安定感や高級感、雰囲気等、目的に応じて
色彩を配置することが最大のポイントになります。