■クロアチアのきもの制作映像~KIMONOプロジェクト~■

(2018年10月25日)

この度、十日町「クロアチア共和国制作ビデオ」が公開されました。

「クロアチア共和国制作ビデオ」
*7分弱のYouTube動画になります

KIMONOプロジェクトにて、クロアチアのきものの制作に携わった方々の思いや、
青柳工房にて実際に染めている職人の作業風景、
そして100カ国完成披露式典での着姿などが鮮明に映し出されております。



ぜひご覧下さいませ。

*「KIMONOプロジェクト 100カ国完成披露式典」の様子はこちらの記事からご覧頂けます。


■クロアチアの振袖を発表!KIMONOプロジェクト 100カ国完成披露式典■

(2018年5月26日)

2020年に向けて世界196カ国をテーマにした着物と帯を制作・発表するという
「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT(イマジンワンワールド きものプロジェクト)」の企画。

このワクワクする試みに青柳が着物の作り手として参加させて頂く運びとなりましてから、
約1年の月日を重ね、ついに「クロアチア共和国」をテーマにした振袖が完成いたしました。
そしてさる4月29日、久留米市にて開催されました
【KIMONOプロジェクト100ヵ国完成披露式典】に参加してまいりました。

普段の着物の染めにはない色彩や配色に挑戦し、
青柳の受け継ぐ伝統技法のすべてを集結させて創りあげました。
着物から、そのエネルギーを感じて頂けるかと思います。

100カ国の着物が一堂に会した様子は、圧巻の華やかさ。

駐日クロアチア大使であるドラジェン・フラスティッチ閣下も会場でご鑑賞になり、
母国の美しい景観などが染め上げられた着物の出来上がりを大変お喜びくださいました。

また、5月17日には青柳工房にて、この着物の完成発表記者会見が行われました。
きもののまち十日町から初のプロジェクト参加ということで、
各メディアの方々からも注目が集まり、多数掲載して頂きました。

「KIMONOプロジェクト」に、きもののまち十日町の代表として制作をさせて頂きましたことで、
世界に向けて、着物の素晴らしさと十日町産地の素晴らしさを伝える
お手伝いをさせて頂く機会に恵まれましたことに、心より感謝いたしております。

また、このプロジェクトを通して、クロアチアと十日町市、
世界各国と日本とが、より一層良い関係を築けることを願っております。


当工房の振袖 新ブランド『桃源響~とうげんきょう~』

(2013年9月25日)

秋風のさわやかなここ十日町。
黄金色に実った田んぼでは、あちこちで稲刈りが進んでいます。

今年、当工房の振袖に新ブランドが誕生しました。
その名も『桃源響~とうげんきょう~』
今回は、秋深まるこの季節にイメージを重ねた1枚をご紹介。

 

20130925
【新作振袖「桃源響」】
古典の意匠と、現代の感覚で生み出した色彩の粋を融合いたしました。
朱色に近い赤の地色に映える、大輪の牡丹、もみじや菊の花が鮮やか。
今を最も輝かせる、雅やかな「新古典振袖」です。

ただいま、振袖の染めが最盛期をむかえている当工房、
特に大忙しなのは「型付(かたつけ)」工程の職人さんです。
振袖は、色数がとっても豊富なので、型の枚数も多くて大変。(約50色から成ります!)
一反の型付が完成するまでに大変な手間がかかっています。

型の上に素早くヘラを滑らせて、色糊を白生地に型付けていく様子は、まさに職人技。
1反、また1反と、着物の柄を染め上げていきます。


工房新作 『夏赤城』

(2013年8月20日)

真夏日の続くここ十日町に、久しぶりの雨…。
人も自然も、ほっと一息ついています。

20130820

こちらは、夏の装いのために制作した当工房の新作 『夏赤城』 。
繊細な透け感が美しい、夏の赤城紬です。

工房のメイン素材 『赤城紬』に、新たに仲間入りしています。

光を通す軽やかな素材感から、
みなさんに、ささやかな「涼」をお届けできたら…。

暑い日が続きますが、どうぞお元気でお過ごしください。