■工房見学サイト「きものファクトリー青柳」を開設いたしました■

(2019年1月25日)

年明けの十日町は、さほど大雪にならず、しずしずと雪が積もっております。

昨今、伝統工芸や産地の工房見学が注目を浴びておりますね。
ここ十日町市も全国有数の着物産地として工房見学の観光活動を広げて、
昨年5月に開催されました「十日町きものGOTTAKU」での着物工房見学は、
県外からも見学者が訪れ大変評判となりました。

かねてより、青柳でも工房見学の受け入れ準備を進めてまいりましたが、
GOTTAKU等の参加をとおして、着物工房を見学する事を魅力に感じて下さる方々の多いことに
とても心動かされました。
また、ありがたいことに最近では、海外の方々から工房見学のご要望も頂くようになりました。

そこで、サイトを通じて工房見学のご案内をご覧頂いたりお申込ができるよう、
新たに、工房見学サイト「きものファクトリー青柳」を開設いたしました。





【工房見学サイト「きものファクトリー青柳」】→ https://fact.kimono-aoyagi.jp/

工房見学、各種染め体験をお申し込み頂けるようになっております。
青柳の着物ができるまでの主な工程の職人の様子を、間近でご覧頂けます。




■タイの方より青柳工房をご見学頂きました■

(2018年12月7日)

12月に入り、ここ十日町も次第に冬らしい冷え込みになってまいりました。

さる12月5日、タイ王国からお越しの女性ライターの方より工房見学のご依頼を頂き、
当工房の着物づくりを見学・体験して頂きました。

■桶染め
・・・染め上がったばかりの桶の蓋を開けたその美しさに感嘆。

■引染
・・・この長い反物が1枚の着物になることが不思議なご様子。

■手描体験
・・・緊張して筆を扱いながらも、とても楽しんで下さいました。

職人の手元を撮影されたり、ご質問を交えたりと、熱心にきものの工程をご見学頂きました。

最近は海外の方が工房見学にいらっしゃる機会が増えており、
海外の方にも日本のきものにご興味を持っている方が増えていることを感じ、
大変ありがたく思っております。


■中国の観光客の方々より青柳工房をご見学頂きました■

(2018年9月15日)

十日町地域にて開催中の「大地の芸術祭」にお越しの中国人観光客の方々より
工房見学のご依頼を頂き、当工房の着物づくりをご見学頂きました。

■「型付」の見学

■「引染」の見学

■「桶染め」の見学

アートの関心がおありの方々、熱心にご見学頂きました。
このように海外の方々より工房見学のご依頼を頂き、
十日町の伝統産業である着物づくりをご覧頂ける機会を賜り、大変光栄な一日でした。


■欧米インフルエンサーの皆様より、青柳工房をご見学頂きました■

(2018年9月14日)

さる9月6日、「十日町のきものを海外へ」という企画で招かれました
欧米人に影響力のあるメディア・インフルエンサーの方々より、
当工房の着物づくりをご見学頂く機会に恵まれました。

■「引染」の見学

■「桶染め」の見学

■手描友禅の見学・体験

皆様、興味深そうに説明に耳を傾け、あらゆる角度から撮影されておりました。
また、最後には手描友禅を特別にご体験頂き、大変熱心に取り組まれておりました。

このたびの機会を通じて、
十日町の産業である「きもの」と「きもの作り」の魅力が、海外へ向けて発信されます。

海外への情報発信力をお持ちの方々より、
十日町の伝統産業である着物づくりをご覧頂ける機会を賜り、
青柳といたしましても、お役に立てましたこと、大変光栄な一日でした。


■工房見学の様子が新聞に掲載されました■

(2017年8月17日)

さる8月9日、「国際交流セミナーin十日町」に参加された新潟県立大学の
留学生を含む31名の学生の方々より、青柳の着物づくりを見学・体験して頂きました。

その様子が、新潟日報に掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

詳しい様子は、以前の記事 ■国際交流セミナーで青柳を見学して頂きました■ にて
ご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ。


■国際交流セミナーで青柳を見学して頂きました■

(2017年8月9日)

梅雨明けの蒸し暑さのあった8月9日、
「国際交流セミナーin十日町」に参加された新潟県立大学の
留学生を含む31名の学生の方々より、青柳の着物づくりを見学・体験して頂きました。

この国際交流セミナーでは、8月8日・9日にわたり十日町市の産業を見学・体験し、
学生の皆さんが地域課題への様々な方策を検討し提案する学びを目的としています。

十日町市の産業と言えば「きもの」ということで、
青柳の工房内で着物の制作工程を見学して頂き、手描友禅を体験して頂きました。

<桶絞り染め工程>

<型付工程>

<手描友禅体験>

青柳本社では、完成した着物にご覧頂きながら、着物にまつわる歴史や技法の説明をさせて頂きました。

自由時間には、実際に着物を羽織って頂き、着物を纏う雰囲気を楽しんで頂きました。
最後に、本社玄関前で記念撮影を。

様々な国籍の学生の方々から、十日町の産業そして日本の伝統工芸である着物をご覧頂けたことは、
弊社といたしましても、大変喜ばしい機会でした。

また、そのなかでも弊社の着物づくりをご覧頂く機会に恵まれ、
心より感謝いたしております。


■「メディアモニター招UP事業」で当工房をご覧頂きました■

(2017年3月27日)

さる3月23日、各界メディアの方々20名様より、当工房の着物づくりをご見学頂く機会に恵まれました。

十日町市の企画による「メディアモニター招UP事業」は、
各界メディアの方々に、市の魅力を直にご体験頂きながらPRさせて頂く新たな取り組みです。
今回の企画では、2日間にわたり十日町市各地の見どころ食べどころなどをご案内させて頂くなかで、
きもののまち十日町ならではの見どころとして、青柳の工房見学を盛り込んで頂きました。

■商品説明の模様

■「板場(型付工程)」の見学

■「引染」の見学

■「桶染め」の見学

■手描友禅の見学

雑誌関係のメディアの方が半数以上ということもあり、カメラやスマートフォンを構えての見学スタイルが目立ちました。
取材さながらに、熱心なご様子で説明に耳を傾けてくださいました。

十日町の深い魅力をさらに広く情報発信していくための、この度の企画。
第一線のメディアの方々より、十日町の伝統産業である着物づくりをご覧頂ける機会を賜り、
青柳といたしましても、お役に立てましたこと、大変光栄な一日でした。


「人を呼ぶきものプロジェクト」工場見学が開催されました

(2016年7月28日)

ここ十日町では、「きもののまち」としての魅力再発見と更なる成長に取り組んでいます。

このたび十日町地域振興局が「人を呼ぶきものプロジェクト」を始動しました。
十日町地域の伝統産業であり、世界に誇る技術と魅力をもつ「きもの」を活かして、
交流人口の増加を図り、産地の活性化に結びつける!という素晴らしいプロジェクトです。
青柳も十日町産地のきもの工房として、全面的に協力させて頂いております。

この取り組みの一環として、十日町市内のきもの工場の魅力や課題等を探るための工場見学が催され、
青柳の制作現場を見学して頂きました。

当日はテレビ取材もあり、地域産業の魅力を広める活動と、
その大切さに注目が集まっていることが伺えました。
この日(7月25日)は青柳のもの作りの一端をご覧頂く機会にも恵まれた、大変有意義な見学会となりました。

工房見学1

工房見学2

工房見学3