■青柳の送別会は、感謝の会というお話■

(2017年10月26日)

秋の深みの増してきた10月24日、
この度青柳を退職された1人の女性のために、工房のホールを会場に、送別と感謝の会を開催いたしました。

青柳にて52年と6ヶ月の勤続を終え、この9月に退職されたマサ子さん。
中学を卒業した年に入社されてから、半世紀以上の長い年数を、青柳で過ごされました。

この日は、マサ子さんへの感謝の思いを込めて、社員一同が集まりました。

ひとりひとりが部門のエキスパートであり、伝統技術を支える方であり、
その工程や部門になくてはならない方々です。
マサ子さんもその一人として、長きにわたり勤めてこられました。
青柳の積み重ねてきた歴史を見てきた大先輩です。

会では、社長を筆頭にして、青柳の歴史を紐解くお話がいくつも出てまいりまして、
新たに研鑽を積み始めた新人方も、興味津々の様子でした。
あの頃を思い出すエピソードに、涙もろくなる方も…。

このように古今が交わるような機会をとおして、
青柳の大切にしている精神を、皆で共有することができたように思います。

最後にマサ子さんが贈り物をしてくれたような、大変貴重な機会でした。