■クロアチアの振袖を発表!KIMONOプロジェクト 100カ国完成披露式典■

(2018年5月26日)

2020年に向けて世界196カ国をテーマにした着物と帯を制作・発表するという
「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT(イマジンワンワールド きものプロジェクト)」の企画。

このワクワクする試みに青柳が着物の作り手として参加させて頂く運びとなりましてから、
約1年の月日を重ね、ついに「クロアチア共和国」をテーマにした振袖が完成いたしました。
そしてさる4月29日、久留米市にて開催されました
【KIMONOプロジェクト100ヵ国完成披露式典】に参加してまいりました。

普段の着物の染めにはない色彩や配色に挑戦し、
青柳の受け継ぐ伝統技法のすべてを集結させて創りあげました。
着物から、そのエネルギーを感じて頂けるかと思います。

100カ国の着物が一堂に会した様子は、圧巻の華やかさ。

駐日クロアチア大使であるドラジェン・フラスティッチ閣下も会場でご鑑賞になり、
母国の美しい景観などが染め上げられた着物の出来上がりを大変お喜びくださいました。

また、5月17日には青柳工房にて、この着物の完成発表記者会見が行われました。
きもののまち十日町から初のプロジェクト参加ということで、
各メディアの方々からも注目が集まり、多数掲載して頂きました。

「KIMONOプロジェクト」に、きもののまち十日町の代表として制作をさせて頂きましたことで、
世界に向けて、着物の素晴らしさと十日町産地の素晴らしさを伝える
お手伝いをさせて頂く機会に恵まれましたことに、心より感謝いたしております。

また、このプロジェクトを通して、クロアチアと十日町市、
世界各国と日本とが、より一層良い関係を築けることを願っております。